はじめに

災害がいつ起きるかわからないからといって、ただ手をこまねいているだけでは、何も解決しません。“備えあれば憂いなし”とまではいかないまでも、日頃からの“備え”をしっかりしておくことで、いざというときの被害を最小限にとどめ、災害に対して慌てず落ち着いて対応することが可能となります。

大切なのは、居住者ひとりひとりが住戸内の安全対策に責任をもち、家族単位で被害を軽減する取り組みや被災時の対応などについて日頃から準備しておく「 自助 」とともに、マンション住民同士が協力して防災対策に当たる「 共助 」の取り組みが必要です。

この災害時活動マニュアルは、災害時に住民が助け合うことで、被害の軽減につながることが出来得る、とても重要なものです。防災対策を進めて頂けるよう、ご活用よろしくお願い致します。

<参考>内閣府 南海トラフ巨大地震、首都直下地震の被害と対策に係る映像資料

重 要

近隣の避難所は、戸建住宅の住民が中心に避難され、大変混雑することや、避難所生活においては、プライバシーの確保が困難であることが予想されます。
災害発生後も、住み慣れた自宅で暮らし続ける「在宅避難 生活」を可能にするため、 日常の防災対策 をご検討下さい。

災害の被害を最小限に抑えるためのちから

  • 自助

    自分の命は
    自分で守る

    自助のイラスト

  • 補完
  • 共助

    マンション住民
    同士で助け合う

    共助のイラスト

尼崎市地震ハザードマップ(尼崎市役所ホームページより抜粋

尼崎市地震ハザードマップ

最寄りの指定避難所は、園田南小学校になります。尼崎市からの非常用備蓄品受け取り個所になります。(食料、水、毛布等)

発生する可能性のある最大震度は、6強