3. 震災時活動フロー

地震発生直後~1日目

各住戸の活動

  • (1) 自身と家族の安全確保・火元の確認・出口の確保・(貴重品リュック)
    安否確認ステッカーの貼り付け(玄関ドア外側)
  • (2) 隣近所への声かけ、建物被害確認
  • (3) 住戸代表者は、各階エレベーターホールに集合
    情報班、救護班の編成

情報班
  • (1)安否情報シートの記入(様式1:散水栓BOX内)
  • (2)他階の救助・救護の応援有無の確認
  • (3)安否情報シートを下階へリレー形式による伝達
救護班
  • (1)救助・救護者の救出
  • (2)火災の場合、初期消火活動
その他
居住者
  • (1)住戸内の安全な場所の確保
  • (2)非常持ち出し品の確認
管理組合
理事
  • (1)階段を使用し、1F各エントランスホールへ集合
  • (2)エレベーター閉じ込め確認
  • (3)災害対策本部の立ち上げ準備、応援要請
  • (4)各階の情報班、救護班の編成確認・編成依頼

火災等の場合

中央公園へ避難

災害対策本部の設置・活動

  • (1) 組合理事および居住者による災害対策本部の立ち上げ
  • (2) 情報班からの安否情報および被災状況の集約
    対策本部安否情報シート作成:様式2)
  • (3) 対応方針(避難場所等)の確認。全体活動の指揮

2日目以降

対策本部
本部長
副本部長
  • (1)災害対策本部の体制の充実、再編成
  • (2)被災時ルールの決定、および解除
情報班
  • (1)安否確認の継続
  • (2)復旧目途等の情報収集、情報発信
救護班
  • (1)救助・救護活動の継続。防犯活動の実施
  • (2)避難所の運営
物資班
  • (1)備蓄品の配給・管理
  • (2)支援物資の調達・管理