5. 台風対策について

(1)雨風が強くなる前にやっておくべき対策

①ベランダ対策

  • ベランダに置いているものを室内に入れる。
  • ベランダの溝・排水口を掃除する。
  • 物干し金物の高さを下げる。
  • 隣住戸とのパーティションにひび割れやぐらつきがないかをチェックする。

②窓・網戸対策

  • 窓にがたつきやひび割れがないかをチェックする。
  • 窓の鍵をしめる。
  • カーテンやブラインドをしめる。
  • 網戸が外れやすくなってないかを確認する。
  • ストッパーやテープで網戸が動かないように固定する。

イラスト

③駐車場・駐輪場対策

  • 浸水の恐れのある駐車場の場合、高台などに車を移動させる。
  • 自転車が飛ばされないように固定する。
  • 自転車やバイクにカバーをつけている場合、ヒモ等でくくり付ける。

(2)強風域に入ったらするべき対策

  • 住戸内の給気口を閉める。
  • 24時間換気システムやキッチン・トイレの換気扇を止める。
  • ベランダや玄関ポーチに置き忘れたものがないかを再確認する。
  • 窓枠・玄関ドアからの雨水の浸水がある場合、タオル・雑巾を置いて室内への浸水を防ぐ。

(3)緊急事態に備えた準備

  • お風呂やペットボトルに水を溜めておく。
  • 懐中電灯や携帯電話の充電器、電池を用意する。
  • 保冷剤を冷やしておく。
  • 軍手とスリッパは身近に置いておく。
  • 管理会社や警備会社の緊急連絡先を控えておく。

イラスト

(4)台風後にやっておきたいポイント

  • 被害を確認する。
  • 被害があった場合は被害状況を写真に撮っておく。
  • 被害があった場合、保険会社に連絡する。
  • 共有部に被害があった場合、管理室および、マンション管理組合に連絡する。
  • ベランダや玄関部分にある金属部分を拭く。
  • ベランダの排水口のごみを取り除く。
  • 台風による被害は、加入している ”火災保険” でその損害が補償されるようになります。日頃からご加入の火災保険の内容は確認しておきましょう。

自宅への被害を最小限にし、なおかつ周囲に被害を与えないためにも、
事前に対策をしっかり行い、台風に備えましょう。

イラスト